冤罪被害と法律の在り方に関して

法律

冤罪被害と法律の在り方に関して

少し前になりますが、痴漢の冤罪をテーマにした映画がありました。
都会の満員電車においては、しばしば痴漢に関する事件が起きています。
その一方で、冤罪も数多く発生していると言われています。
日本の司法は一旦起訴をされてしまうと、99%有罪になってしまいます。
やったやらないは別の問題になってしまい、数多くの冤罪被害を生む要因になっています。
それらを防いでくれるのが、法律の専門家である弁護士ではないでしょうか。
弱者の立場に立ってサポートをしてくれますし、非常に心強い存在ではないでしょうか。
若手の便利も増えていますし、地方では事務所の数も増えています。
無料の相談会も行われていますし、かつて感じていたような敷居の高さはなくなっています。
避けたいと思っていても、トラブルは向こうからやって来ることが多々あります。
慌てる必要はありませんが、頼みの綱として弁護士が居ることを忘れないで下さい。
自分の身は自分で守るしかありません。

ユーザー時点からの手順書作成

ISOコンサル
移行に関する内容をしっかりと学んでいただけます

最新投稿